からだが主役

今年は夏前から、
コミカルだったり、かわいかったり、ほろりとしたり、
そんな『からだが主役』のエンターテインメントが増えてますね~

映画:脳内ポイズンベリー
『恋する女性のめくるめく脳内を解体。男子が見れば女子の生態がわかる。(公式サイトより)』

映画:インサイド・ヘッド
『なぜ、カナシミは必要なの…?無限に広がる 頭の中で “感情たち”が繰り広げる冒険ファンタジー!(公式サイトより)』

マンガ:はたらく細胞
『白血球、赤血球、血小板、B細胞、T細胞…etc.彼らは働く、24時間365日休みなく!』

映画2本は、脳内の感情や思考を擬人化したもの、
マンガでは、60兆の細胞を擬人化したもの。

作品の良しあしは皆さんそれぞれ感じることがあるかと思うのですが、
からだの先生、しかも内臓憑依型(笑)のからだの先生としては

からだが主役というだけで嬉しい!!

というのが本音です。

こころのことも大事(心も身体の一部の反応なのだけど、その話はまた)
だけど、今回はからだを使うと、ヒトとして生きると決めてきた以上、からだのことを知ってほしい。

病気のことじゃなくて、からだ(わたし)のことを知ってほしい。

これはね、わたしの希望じゃなくて、これを読んでくれている皆さんの60兆個の細胞みんなからの望みです。

何らかの形で、一度はじっくりとからだのことを知ってほしいからこそ、わたしはもっともっと喋り続けようと思うのです。

わたしの話でもいい、こういったエンターテインメントでもいい。
もちろんいきなり専門的な学びでもいい。
ぜひ、ピンときたものに愉しく触れてみてほしいなぁ 🙂