のに星人、現る!!

のに星人が現れた!

せっかく早起きしてご飯つくってあげたのに!
あなたのためを思って言ったのに!
こんなに素晴らしいセミナー開催してるのに!
キャンペーンでとってもお得なのに!

のに!
のに!!
のにーーー!!!!

ところで・・・のに、って誰のためなのでしょう??
●●した自分が、
●●した自分の満足する形で
(勝手に設定した)評価をされず、むくわれないと
のに星人のビームを怒りや嫌味に変えて、相手に発射!

でも、そのビームって、
からだのなかにいたとき
こころのなかで生まれたてのときは・・・

「わたし、頑張ったよ!」って無邪気に伝えたい気持ち
「こっち見て!」ってちょっとさみしい気持ち
「いいと思ったんだけどな、分かち合いたいだけなんだよな」って少し悲しい気持ち
そんな、わたしまるだしのかわいい本音、だったんじゃないかな、と思うのです。

のに星人は、誰でもない自分が生んだもの。
生んでくれたご主人を傷つけたくないから
ご主人のこころから引っ張り出した相手にびびびびーーーーっと、発射してしまう。

だけど実は。
自分の中からびびびーーーーっとしてるから
ご主人であるあなたも、知らず知らずに傷ついちゃってるんですよね。。。

この、知らず知らず、っていうのが
いつの間にかできたアザの理由が分からなくて、また作っちゃうのと同じくらい厄介で(いや、もっと厄介。笑)
しかも、相手は急襲にあってるから
防御しようもないし、闘うすべもない、
つまりできることは、もっと強く反撃するか無視するか。

・・・・・・もうこれ以上書かなくても、
のに星人を見かけたら、どうしたらいいか
実は、自分自身が一番よくよく分かってる気がしませんか?

その瞬間はつらくても、
のに星人の赤ちゃん時代と、そっと寄り添ってあげてみようかな、とか。
悲しいとか、構ってほしいとか、労ってほしいとか、頑張りすぎちゃってると言えないひとことを、まずは自分の中で認めていく、とか。
こころの中にいる『のに星人』を自分でも癒してあげることが、第一歩なのかなと、そう思うのです。

思い当たることある!!という時は
「あーーまた『のに星人』現れちゃった!!」って
笑って(苦笑いでもOK!笑)受け止めてあげることからはじめてみると、ちょっとだけ気持ちが落ち着くと思いますよ。