だから、食べるものでも飲むものでも、『自分で勉強して』って言ってるんです。- 樹木希林さんのお話

2017年はじめのブログはご挨拶でも綴ろうかなぁなんて思いつつ、ぼんやりyahooニュースを眺めていたら、思わぬ記事に出会って「あl!これは書かなくちゃ!!」とビシッと気合いが入った元旦の朝7時。

ニュース記事ってそのうち消えていってしまうものも多いから、この誌面や記事が残って広がっていくことを願って、ちょっと長くなりますが記事を引用させていただきます。

自分の人生を、自分のペースで、自分の考えを胸に歩んで翔んでいくために(酉年だしね☆笑)多くのみなさんに届きますように~

樹木希林さんの瞬間芸

まずは、この樹木希林さんのお話をどうぞ。

「いやいや、大丈夫じゃないよ。あれは瞬間芸だもん(笑い)。だってあなた、舞台挨拶に行ってさ、『いやぁ、もう。ほんとに大変なんですけど来ました』って言うのなら、行かないほうがいいじゃない。人と会うとき、こうしてしゃべってるときだけ元気で、あとはぐて~んとしてるんだから、瞬間芸なのよ(笑い)。こうやってしゃべってると、おかしいね(笑い)。
でもまあ、大丈夫じゃないけど、だいたい、これ(がん)をやっつけようとかって思わないのよ。『がんと真剣に向き合って』とかも思わない。こんないい加減な感覚で生きてるから、私がお話できることはないんですよ。
まして責任がある命のことなんかに、私がそんな、あなた。私だって明日をもしれない身なんですから、無責任なことは言えないんですよ」

全身がんの樹木希林、元気なときの姿は「あれは瞬間芸」 – NEWS ポストセブン

このブログを読んでくださっている人の中にも、実は「いやいや、大丈夫じゃないよ。あれは瞬間芸だもん(笑い)」っていう方、多いんじゃないかな。
わたし個人としてはそれでいいと思っているのだけども、話を聞いてみると「いつもいい状態でいなきゃ!」みたいな人も多い。瞬間芸はホントはダメだって、思ってる人。

でもね、ずっと全力の人って刺激的でキラキラして見えるんだけど、ずっと一緒にいるには疲れちゃったりイヤになっちゃったり離れたくなっちゃったりするものなのかもしれません。

そして、「ずっと全力って思わせておいて、実は瞬間芸でしたー!(テヘ)」みたいな人もいて、そういう人ってなぜか惹きつけられちゃう。スルメ的な人。影がある、とはちょっと違うんだけど、なんかふとした時に会いたくなったり、どこかで支えになっているる感じ。

樹木希林さんは、パッケージも価格も普通なのにスーパーでついつい手に取っちゃって、スルメと言えば!みたいにいつの間にか虜になってる、そんなスルメ的あこがれの存在です。(わたし調べ。笑)

おこがましくも「そうそう!!」って思ったこと

もう、自分も面白く生きてるからさ、私は。『女性セブン』の意向に沿えないのよ。沿えないっていうか、沿う気がないんだね。まあ、だいたい何でもそうだけどさ、だから、自分の本も書けないのよ。どうせまあ、考えが変わるんだろうなと思うから、自分自身に対してもね。

だから、そのときの話っていうだけで、一過性のものっていうふうに、世の中に出ているものはだいたい思ってるのね。もう、そこにいちいちかかわっていくのは、くたびれるなっていうふうに思うの。
そういうわけだから私のことは放っておいて。もう、佐藤愛子さんとか、黒柳徹子さんとか、パワーがあってさ、元気な人から話を聞いてちょうだい」

「沿えないっていうか、沿う気がないんだね。まあ、だいたい何でもそうだけどさ、だから、自分の本も書けないのよ。どうせまあ、考えが変わるんだろうなと思うから、自分自身に対してもね。」

全身がんの樹木希林、元気なときの姿は「あれは瞬間芸」 – NEWS ポストセブン

最高!!(わたし調べ。笑)
考えって、変わってもいいものなんだけども、なんだかそれが良しとされづらいというか。そういうの、あるよね。

そもそも自分基準で自分発信で考えてないから、変わるも何も泳いでただけってことも多いんだけど、それに気づかず気づかれず、「前と変わったよね?!なんで?!」みたいになってる今の美容健康ブームへの乗っかり方ってなんなんだろうなーとか思ったりもします。

自分基準、自分発信だとね、考えって変わるんですよ。変わるものなんです。
だって、からだもこころもたましいも変わらない軸があって、その軸をたおやかにしなやかにゆらゆらさせながら、変わっていく部分がほとんどなのだから。

成長の時にはその「変わる」を喜んで、そうじゃないときには「変わりたくない」って、なにそれ?って思いません??そんな都合のいいハナシあります??

再びおこがましくも「そうそうそうそう!!!!」って思ったこと

「病院もそうだし、いろんな『いい』っていう話は、自分がいいと思っても、人それぞれですから。グリコの『一粒300m』みたいなわけにはいかないんですよ。だから、食べるものでも飲むものでも、『自分で勉強して』って言ってるんです」

樹木希林から電話来る がんクリニックについて見解表明 – NEWS ポストセブン

きっと、みんなわかってる。
時代やタイミング、生まれ育った場所や環境、それこそ地球なのか火星なのかも含めて【いつのどこのだれにでも役に立つグリコ】なんて存在しないんです。

でも、なんか追い求めちゃうんですよね、それも分からなくはないです。
そもそも追い求めることって人間に生まれたから楽しめる特権みたいなものだから、じゃんじゃん楽しみたいし、人の楽しみをぺしゃっとしちゃおうなんて思っていないです。

ただね。
だから、食べるものでも飲むものでも、『自分で勉強して』って言ってるんです
ここなんですよね。

さらに言うならば、勉強って《手法・手段の勉強》ではないんです。
それは応用ステップ。

離乳食すら食べられてないのに、突然カツ丼食べさせたりしないでしょ?
ハイハイすらしたことないのに、突然皇居ランに連れて行かないでしょ?
なのに、どうしてからだのこと、こころのこと、基礎を知らないで走ろうとするの??

からだやこころが何をしてくれているのか、ということが基礎として軸として定まった上に
温故知新の精神プラス人間の能力を最大限に活かして、今の自分に合う手段や手法を使いこなしていく

それって、どうですか?
そのために『からだのキホンを学ぶ』ってどうですか?

「自分で勉強して」=「独学で頑張れ!」じゃないから、使えるものは使っちゃえ!

「自分で勉強して」=「独学で頑張れ!」みたいに聞こえちゃうかもしれないけれど、そうじゃないし
「からだの基礎、こころの基礎、ってなんのことかが分からないし、もし分かったとしてもどうやって勉強したらいいか分からない」っていうみなさんに向けて
「自分の基礎、自分のペースを作っていく」そのために学ぶ場所や機会、疑問や不思議を解消できるアイテムを、作り届けるのがわたしにできること、やりたいことで、やるお役目のこと、なんですよね。

そして、古き良きものも、最新のことも、基礎も応用も、1回でバチっと決められるワケない上に、希林さんの言葉を借りると
「どうせまあ、考えが変わるんだろうなと思うから、自分自身に対してもね。」
だから(笑)、続けて会えたり、いつでも聞けたり、脳みそアップデートできる、そんな場を広げていかねば♪だわ~と思っています。

からだ寺子屋って、まさにからだのキホン、こころのキホンを自分で勉強できる場所なんだなぁって、堂々と自画自賛(ステマ?笑)しちゃいますが、自分の人生を、自分のペースで、自分の考えを胸に歩んで翔んでいくために、じゃんじゃん利用しちゃって活用しちゃって踏み台にしちゃって(笑)くださいね。何よりわたし自身がそう翔んでいきますからね~☆彡