幸せかどうかは、自分の心が決めること。

ふとFacebookを開いて一番上にあがってる投稿って
何か運命的なものを感じるときってありません?

このまえ、そんな投稿がありまして・・・

そうだ、ブータン(展)にいこう。と。

ブータンといえば。
まだ消費税が導入される前、わたしがどうしても!と欲しがった本がありましてね。

それは、世界の国旗と国の概要が乗った本。(まだ、ソ連の頃です( ̄▽ ̄))

たとえば
今みなさんが祈りを捧げているバングラデシュ。
緑地に赤丸ですが、ど真ん中じゃなくて。

はためいたときに、赤丸が真ん中にくるように少しずれてるんですって。

なんてことが載ってる本でした。

その中でも一際惹かれた国が、ブータン。
国旗、かっこいーーー!って。

さらには、首都がティンプーってかわいい!!
さらにさらには、
教育費が医療費がかからないって。
😵そんな国があるの!?
と驚いたことも覚えてます。

で、直感で気になったブータン展に行く前に

それから担当してくれたドライバーに、松尾さんが幸せかどうかを尋ねたところ、彼はまだ若いにも関わらず、
「幸せかどうかは、自分の心が決めること。自分が幸せなら周りの人も幸せにしたくなります」
と、達観した答えを教えてくれたとのこと。
毎日長い時間を祈りに費やすほど敬虔な仏教徒であるブータンの人々。
彼らは将来を思い悩むよりも、今心地いいかを重視し、周りとの比較から幸せを定義するのではなく、自分で幸せを探そうとしているのでしょう。

国民の97%が「私は幸せ」と答える世界一幸せな国ブータン。その「幸せの秘密」とは?

この文章を読み返してみたのだけど。

ブータンに住んでいればとか、ここはブータンじゃないから、ではなくて
こころにはいつもブータンの人と同じような想いを持っていよう
そう決めて、周りをぐるっと見渡したら
もうすでに幸せがいっぱいありました(*”ー”*)

ますますブータン展が楽しみです♪