人間が変わる方法は三つしかない。

ずーっと前に目にしていた言葉。
人間が変わる方法は三つしかない
・・・まぁ、と言われても、その方法になかなか手をつけなかったんですが。

今年に入って、いつの間にか、自然にはじめていました。
それが、大前研一さんのこの言葉。

人間が変わる方法は三つしかない。
一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、
この三つの要素でしか人間は変わらない。
もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。
かつて決意して何か変わっただろうか。
行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

そして時間、場所、友人の中でどれか一つだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることがもっとも効果的なのだ。

人間関係は去年から少しずつ動いていて
今年からは時間の使い方が圧倒的に変わりました。
というか、変えました。

まず何より減らしたのが
デジタルに向き合う時間
こころがざわつくモノに相対する時間

そして大切に増やしているのが
自分を造るものに丁寧に向き合うための時間
未来の自分から頼まれていることに遣う時間

たったこれだけだけど
からだの声がより聴こえるようになったし
今この瞬間を味わっている感覚で満たされています。

引っ越しはまだ実現していないけれど
着実に新しいライフプランに進んでいて
1年後、自分がどんな風になっているのか、
ちょっと愉しみでもあるのです。

もうすぐ立春。
どんどんと行動を変えていく歓びでいっぱいの2月のスタートに。